完熟アロエまるごと純しぼりの嬉しい効果

完熟アロエのススメ

完熟アロエまるごと純しぼりを毎日愛飲!気になる副作用は?

更新日:

非常に便秘解消効果の高い「完熟アロエまるごと純しぼり」ですが、なんと副作用を気にする人も多いという情報が!

 

それもそのはず、アロエは万能薬と言っても過言ではないくらいの様々な効果が摂り沙汰されているので、副作用が気になるというのも当然ですよね。

 

私としては「副作用があるかもしれないから・・・」という恐怖心によって、本製品の良さに気付けない人がいるというのは、とても勿体ないことだと思っています。

 

それだけ本製品によって得られるメリットが非常に大きく、多くの人の悩みを解決してくれるパワーを秘めているからです。

 

というわけで今回は、「完熟アロエまるごと純しぼり」の副作用について気になっている人へ向けて、その真実を書いていきたいと思います。

副作用が気になる理由

基本的に「薬」と呼ばれているものには「副作用」が存在し、大なり小なり「いいことばかりではない」というケースばかりです。

 

健康食品に関しても、その商品の良いところをピックアップしているあまり、その裏側に「副作用があるんじゃないの?」と思う消費者の姿勢は、むしろ正しいと思います。

 

その副作用も「眠くなる」程度のものであれば使用する場面を選べますし、何より表も裏も知った状態で使用したいですよね?

 

以下では「完熟アロエまるごと純しぼり」の裏側を完全に明かして見せましょう。

 

薬用成分

アロインは医薬品として登録

アロエの葉っぱに含まれている主成分の1つでもあるアロインには「便秘改善効果」「健胃効果」が認められていますが、薬事法により医薬品として登録されているという事実があります。

 

つまりアロエ(アロエベラ)を加工して食品や化粧品にする場合、葉っぱの内側部分(プルプルしている透明な葉肉部分)しか使用することができません。

 

それに対し「完熟アロエまるごと純しぼり」が使用しているのはキダチアロエという種類のアロエで、このアロエに関しては葉っぱもOKという決まりになっているんです。

 

同じ成分を有しているにも関わらず、なんだか不思議ですよね?

 

 

ダイエット茶にも似たような事例

かつて流行った「センナ茶」についても似たような事例がありました。

 

センナに含まれるセンノシドは下剤成分としても使用されているため、「下剤と一緒なんだから、便秘が解消されるのは当たり前なんじゃない?」と考える人が増えたんですよね。

 

ちなみにセンナは薬事法で取り扱われている植物の1つですが、厳密に言うと「葉っぱはダメだけど、茎はOK」のように細分化されているようです。

もちろん、センノシドが含まれていない部分がOKというわけではありません。

 

しかも下剤成分と言われて敬遠されているセンノシドを含む別の植物(キャンドルブッシュなど)が、今まさに「デトックティー」と呼ばれ大人気になっているという側面もあります。

 

身体が慣れてくる不安

これらのことにより不安視されているのは、長期の使用により「ゆくゆくは自力での排便が不可能な状態になってしまうんじゃないか?」という部分です。

 

薬は長期間の使用により身体が慣れていってしまうため、最初は少量でも効果があったものが、徐々に薬の量を増やさなければ効果が得られないという一面も持ち合わせています。

 

ただしアロエは抗生物質などとは違い、あくまで自然の産物です。習慣性もなければ抵抗力が増して、徐々に使用量が増えてしまうという心配も必要ありません

 

「完熟アロエまるごと純しぼり」の場合、毎日30ml以上もの量を摂取するのは過剰摂取という面から望ましくありませんが「普段は10ml~20mlに留めておき、重度の便秘に悩んでいる人は30mlの使用」という使用法で十分です。

 

これを続けたらからと言って、徐々に身体が慣れて「次は40mlじゃないと効果が出ない!」ということはありません。

 

過剰摂取に関しては要注意!

妊娠中・生理中の女性は特に注意

何でもそうですが、過剰摂取はよくありません。

 

もちろんそれはアロエにも言えることで、アロエの場合は「腹痛」「下痢」などが挙げられます。また女性の場合は妊娠中・生理中の摂取は控えた方がいいという文献がありました。

 

なにやら「過剰摂取によって骨盤内の臓器が充血する」という副作用があるんだそうです。これによって妊娠中や生理中の女性のみならず、腎臓に病気を抱えている人の摂取も注意が必要と言えるでしょう。

 

適量を守れば問題なし

前項では不安になるような副作用が明らかになりましたが、それはあくまで過剰摂取した場合です。

栄養剤なんかで使用されているカフェインだって死亡例があるくらいですから、何でも適量が望ましいと言えます。

 

「完熟アロエまるごと純しぼり」の場合は、健康維持の目的で飲む場合は1日10ml~20ml、重度の便秘に悩んでいる方の場合に1日30ml程度という線引きがありますので、それを守っている限りは問題ありません

 

まとめ

いくらアロエと言えど、過剰摂取による副作用はある

過剰摂取に気を付けることで、アロエの嬉しい効果があなたのものに!

アロエは万能薬としての呼び声も高く、別名「医者いらず」とも呼ばれているくらい多くのメリットを有し、私たちの健康や美容に働きかけてくれます。

 

しかし、それも「もっと効果が得たいから、もっとたくさん摂ろう!」というのは、間違いなく悪影響となるでしょう。

 

私としては「完熟アロエまるごと純しぼり」が持つ便秘改善効果に関しては、非常に高い効果を感じたので、クセになるという感覚にはならないんじゃないかと思います。

 

確かに副作用はありますが、それ以上にメリットも大きい健康飲料です。

上手に付き合うことで、凄まじいほどのアロエパワーを体感してみましょう。

 

【完熟アロエまるごと純しぼり詳細】

驚くべきアロエ効果!!完熟アロエまるごと純しぼりが持つ6つのメリット

 

【最安値で購入できる公式ページ】

14日間でカラダチェンジ!完熟アロエまるごと純しぼり

-完熟アロエまるごと純しぼり

Copyright© 完熟アロエのススメ , 2018 All Rights Reserved.